闇金(ヤミ金)契約の断り方

 


闇金(ヤミ金)契約の断り方

闇金,ヤミ金,断り方

 

『闇金と気づかずうっかり契約してしまった』

 

『知らず知らずのうちに闇金と契約してしまってた』

 

『インターネットのキャッシングサイトに個人情報を入力したところ、

 

しつこく電話がかかってくるようになった』

 

理由はさまざまですが、

 

うっかり闇金と契約してしまった人』は少なくないと思います。

 

自分の意思と関係なくやってくる電話…

 

過酷な取り立て…

 

そんな闇金の手口から、

 

『今すぐ解放されたい』

 

と思ってる人もいるでしょう。

 

この記事ではそんな人へ向けて、

 

闇金契約の断り方を伝授したいと思います!


 

実際に闇金契約を断りたいと思ってる人の実例

 

 

即日解決も可能!

 

闇金相談をオススメしたい理由!


 

Aさんは40歳の会社員。

 

今は奥さんと離婚して独身の身です。

 

そんなAさんなんですが、

 

まっとうな会社に勤めつつもお金の工面ができず、

 

うっかりサラ金に申し込みをしてしまいました。

 

Aさん曰く、

 

『昔自己破産をしてブラックリストに載った。』

 

ということなので、

 

大手のサラ金業者は無理だと踏んだのでしょう…

 

『ブラックも可』という謳い文句が書かれたサイトに申し込んでしまったそうです。

 

ただ一発目のサイトからすんなり融資を受けられたわけじゃなく、

 

数社には断られたそうです。

 

その後とある1社から『50万円の枠で融資できます。』と言われ、

 

名前や住所、勤め先や両親の情報をバラしてしまいました。

 

その後、

 

『審査結果と融資の意思確認をするので後日また連絡します。』

 

と言われ電話を切ったそうなのですが、

 

業者側が固定電話でなく携帯電話を使用していたということと、

 

『後日は違う人間から連絡します。』

 

と言われたことから、

 

Aさんは『何か怪しいな。』と思ったそうです。

 

後日、審査結果の連絡が来たときAさんは次のように言ったそうです。

 

『お金を切り詰めれば何とかなりそうなので融資を断ります。』

 

すると相手側が『それならキャンセル料を30%払え!』と言ってきて、

 

『こっちだってサイトの維持費をかけて営業してるんだ。

 

払わないならお前の会社に電話をかけるぞ?』

 

と脅してきたそうです。

 

この場合『闇金契約を上手い具合に断る方法』はあるのでしょうか?

 

個人情報がバレてる以上、

 

下手に動けばAさんの被害が拡大します。

 

職場に電話をかけられ、

 

『闇金からお金を借りた』という事実がバレて、

 

挙句の果てに両親にも電話をかけられたら、

 

Aさんの心はズタボロにされるでしょう…

 

断るのではなく見放されることが大事!

 

個人情報を相手に教えてしまった以上は、

 

いまさら取り戻すことはできません。

 

だったらその個人情報を相手に使わせない工夫…

 

見放してもらう工夫』が大事になってきます。

 

『どうやったら見放してもらえるの?

 

そもそも闇金が素直に言うことを聞いてくれるの?』

 

と思った人もいるでしょう。

 

その答えは『法律の専門家に相談する』です!

 

この世でもっとも強制力を発揮するものは『法律』です。

 

法律を利用すれば、

 

どんな問題も白黒はっきり分けられます。

 

闇金問題も同じです。

 

『利息違反』『取り立て違反』『無登録営業』といった違法を犯してる『闇金業者』に『法的手段』を使えば、

 

必ず勝つことができます。

 

勝つことができれば『闇金業者』もうんざりしてあなたを見放してくれるでしょう。

 

個人的に、

 

『闇金契約を断る』よりも『闇金業者に見放される』方が確実だと思うので、

 

うっかり契約してしまった人は是非参考にしてください!

 

闇金相談サイト〜コワモテ君の闇金情報局!

 

トップページで闇金の借金地獄から抜け出す方法を詳しく説明しています。