闇金(ヤミ金)と交渉する際の注意点

最終更新日:2017年6月20日08時54分

闇金(ヤミ金)と交渉する際の注意点

闇金,ヤミ金,交渉

 

闇金との交渉』は、

 

とにかく慎重に行うべきです。

 

例えば、

 

『闇金被害をどうにか解決したい』

 

という人が『法律の専門家』に相談を持ち掛けたとしましょう。

 

その際に、

 

『法律の専門家』の方から、

 

『闇金業者』へ電話をかけてもらうことがあります。

 

もちろん中には『平和的な解決を望む闇金業者』もいます。

 

『法律の専門家相手じゃ俺たちが捕まるリスクが増えるだけ…

 

よし!ここは穏便に相手の提案を飲むことにしよう。』

 

的な感じで。

 

ただ中には『反抗的な闇金業者』もおるわけです。

 

『何やコルぁ!てめぇどこのもんや!』

 

そう言って『法律の専門家』の交渉を断固拒絶します。

 

平和的な交渉』か

 

強制的な交渉』か…

 

『法律の専門家』などに相談する際には、

 

このどちらかに見舞われることになるということを頭に入れておいてください。


 

いずれにせよお金を出す必要は一切ない!

 

 

即日解決も可能!

 

コワモテおすすめ闇金相談所!


 

『平和的な交渉』に持ち込んだとしても、

 

『強制的な交渉』に持ち込んだとしても、

 

債務者からお金を出すことは一切ありません。

 

『どうしてここまで念を押すのか?』というと、

 

間違ったやり方で闇金と和解しようとする専門家がいるから』です。

 

まず『闇金被害』を解決できる専門家というのは、

 

『弁護士』や『司法書士』だけじゃありません。

 

法的手段は使えずとも、

 

NPO法人の人や法律に詳しい友人、

 

行政書士も解決することができます。

 

ただその中には、

 

誤ったやり方』で交渉する専門家もいます。

 

特に『元金和解』の交渉ではよく間違われます。

 

『元金和解』とは、

 

『闇金から借りた元金を返すことで和解する交渉方法』のことを指します。

 

『せめて元金だけでも返しますから見逃してもらえませんかね〜』

 

的な感じで『平和的な交渉』をするわけです。

 

ただほとんどの債務者が『高い利息を払い続けてきた人』ばかりなので、

 

既に元金以上のお金を支払ってる』というパターンがほとんどです。

 

むしろ『払いすぎた利息を返金してもらう』ってくらいが丁度いいです。

 

にもかかわらず『悪質な専門家』たちは、

 

『こうこうこういう理由で○○円を払ってください』と指示します。

 

もちろん『普通の専門家』であればこんな指示は出しません。

 

むしろ『お金を一切出させずに和解する方法』を考えます。

 

しかしこういう『悪質な専門家』は被害者にお金を支払わせようとします。

 

なぜか?

 

理由はその『悪質な専門家』自体が、

 

整理屋』と呼ばれる『闇金業者』だからです。

 

『整理屋』とは、

 

『最後の最後に息の長くない債務者からお金を搾り取る業者』のことを指し、

 

こいつに引っかかると知らず知らずのうちに損をしてしまうことになります。

 

じゃあどういう交渉の仕方が正解なの?

 

 

即日解決も可能!

 

コワモテおすすめ闇金相談所!


 

ひとまず『平和的な交渉

 

強制的な交渉

 

それぞれのパターンで1つ1つ説明していきたいと思います。

 

まずは『平和的な交渉』に関して…

 

まず『弁護士』や『司法書士』が最初に闇金と交渉する際には、

 

いきなり『攻撃的な口調』は使わず『丁寧な口調』からスタートします。

 

いきなり『攻撃的な口調』で『闇金業者』を挑発すると、

 

被害者の身に危険が及ぶので、

 

とにかく最初は『丁寧な口調』で相手を探ります。

 

そして相手も『丁寧な口調』で交渉に応じてくれたら、

 

『平和的な交渉』を開始します。

 

『平和的な交渉』では、

 

とにかく『今後の方針』について話し合います。

 

『ここをこうすればこうしますよ〜』

 

などと条件を交わしつつ、

 

『平和的解決』を図ります。

 

この場合、

 

下手に『法的手段』を使うと話が破断してしまうので、

 

『闇金業者』を上手く説得しながら、

 

『闇金業』が使ってる『銀行口座の凍結

 

携帯電話の解約』を促します。

逆に『弁護士』や『司法書士』が丁寧な口調で交渉を持ち掛けた段階で『闇金業者』が反抗してきた場合

 

強制的な交渉』で対抗することになります。

 

基本的に『闇金業者が素直に交渉に応じることはない』ので、

 

少なからずこっち側の交渉を覚悟しておいてください。

 

この場合、

 

馬鹿正直に『銀行口座の凍結』や『携帯電話の解約』を要求しても意味がないので、

 

法的手段』をとる形になります。

 

『こっちには証拠のメモや録音、

 

請求書や携帯の着信履歴などがある。

 

そっちが手を引かないのなら、

 

この証拠を警察に届け出る。

 

そうなればあなた方もただでは済みませんよ?』

 

的な感じで、

 

とにかく相手の嫌がることを言うわけです。

 

そうすれば自然と相手の心が折れるし、

 

知らぬ間に手を引いてくれることもあります。

 

こんな感じで相手の出方次第で臨機応変に変えるのが、

 

正しい交渉の仕方』になります。

 

ちなみに『平和的な交渉』の最初の段階で『和解』が成立した場合、

 

わざわざ『銀行口座の凍結』や『携帯電話の解約』をお願いする必要はありません。

 

ここの判断は事務所によって変わってくる部分ですが、

 

僕は下手に相手の気に障るようなことはしない方がいいと思います。

 

もちろん『和解した後』に再び『取り立て』や『嫌がらせ』をされた場合はした方がいいですが、

 

何事もない場合はそっとしておいた方がいいでしょう。

 

闇金に払い続けたお金は返金してもらえるの?

 

 

即日解決も可能!

 

コワモテおすすめ闇金相談所!


 

中には、

 

『闇金との交渉に成功したんだから、

 

ついでに払いすぎたお金の返金請求をしたい

 

という人も出てくるでしょう。

 

確かに『元金以上のお金を払い続けている人』であれば、

 

既に『和解成立の条件』を満たしてるわけですし、

 

余剰分のお金を請求しても何の問題もありません。

 

しかし、

 

仮に返金請求をしたとして、

 

私生活に悪影響が及ばないかどうか?』を考えないといけません。

 

もし返金請求をしたとして、

 

後々から腹いせに『取り立て』や『嫌がらせ』をされないか…

 

ここはかなり大事なとこなので、

 

専門家とじっくり話し合いながら決めていくようにしましょう。

 

ちなみに、

 

平成20年の6月くらいに、

 

『闇金と返還請求』に関する最高裁判所所の判決が出ましたが、

 

闇金に返済したお金は利息と元金を含め全額返還させることができる

 

ということになったので、

 

『全額返還』させることは十分可能です。

 

ただ下手に動くと身に危険が及ぶので十分注意してください。

 

闇金相談サイト〜コワモテ君の闇金情報局!

 

トップページで闇金の借金地獄から抜け出す方法を詳しく説明しています。

(闇金相談者数)当サイトNO.1〜ウイズユー司法書士事務所!

闇金 相談


  1. 相談料無料
  2. 元本の返済不要
  3. 全国対応
  4. 分割・後払い可能
  5. 即日解決可能
  6. 実績多数
  7. 当サイト1番人気

無料電相談先


闇金 相談 
電話番号 0120-042-004

無料相談受付中
受付時間 24時間365日

※時間帯によっては、翌営業日に引き継がれることもあります。

闇金 相談