闇金(ヤミ金)からの督促状は拒否できないのか?

 

当サイトで1番おすすめしている

闇金に強い相談所はこちら

闇金(ヤミ金)からの督促状は拒否できないのか?

闇金,ヤミ金,督促状

 

借金の返済が遅れると、

 

決まって『督促状』が届きます。

 

軽いものであれば『電話』『電報』『ファックス』『手紙』…

 

重い物であれば『大勢で家に押しかける』『ドアをガンガン叩く』『大声を出す』『近所に言いふらす』『脅迫的な態度をとる』『暴力をふるう』などがあります。

 

ちなみに『取り立て違反』に関する条項は、

 

貸金業法21条』に記されています。


 

取り立て時間の制限 取り立て方法の制限

・午後9時〜翌朝8時までの取り立ては禁止。

 

・それ以外の時間帯でも、しつこい取り立ては禁止。

・暴力的な言動の禁止。

 

・周りに聞こえるくらいの大声で取り立てするのは禁止。

 

・大勢で押しかけることは禁止。

取り立て場所の制限 取り立て先の制限
・正当な理由がないのにも関わらず、

 

居住地以外の場所に連絡したり取り立てをしに行ったりするのは禁止。

・保証人以外の人物(支払い義務のない人物)に、

 

借金の返済を求めることを禁止。

 

以上の場合において『社旗通念上ふさわしくない』と判断されたときに『違法』となります

 

当然『闇金の取り立て』も、この貸金業法21条に違反するので『違法』となります。

 

違法なのに届いてくる督促状…どうすればいい?

 

『ファックス』や『手紙』であれば、

 

丸めて捨てることができます。

 

『電話』や『電報』であれば、

 

NTTなどの通信会社にお願いして着信拒否にできます。

 

ですが『闇金業者』から一方的に送られくる督促状を、

 

スルーしてるだけではあまり意味がありません。

 

例えば、送られてきた督促状を『証拠』として保存しておいたり、

 

保存した督促状をコピーして送り付けるなどすれば相手もビビるでしょう

 

ただし『内容証明郵便』には注意しましょう。

 

『内容証明郵便』とは、

 

いつだれがだれにどういう内容の文書を送ったことを証明する郵便のことを指し、

 

相手が受け取りを拒否したとしてもその文書は到達したことになります。

 

なのでもし仮に『内容証明郵便』で支払催促などの文書が届いたら、

 

『法律の専門家』に相談しましょう。

 

そのまま放置してると足元を掬われる可能性があるので…

 

闇金相談サイト〜コワモテ君の闇金情報局!

 

トップページで闇金の借金地獄から抜け出す方法を詳しく説明しています。

 

当サイトで1番おすすめしている

闇金に強い相談所はこちら