ブラックでも貸してくれる業者は闇金(ヤミ金)

 


ブラックでも貸してくれる業者は闇金(ヤミ金)

闇金,ヤミ金,ブラック

 

貸金業者が借主に対してお金を貸すときには、

 

必ず『ブラックリスト』をチェックします。

 

『ブラックリスト』とは、

 

返済能力がない人の名前を載せたリストで、

 

例えば過去に破産経験などがある人は掲載されてしまいます。

 

やはり貸金業もビジネスなので、

 

『いかに損をせずに利益をあげるか?』が肝になってきます。

 

そんな中、返済能力のない人にむやみに貸し出していては損益が増える一方なので、

 

『ブラックリストに載っているかいないか?』で『お金を借りられるか借りられないか?』が分かれてきます。


 

過去に債務整理を経験した人ほど不利!

 

 

即日解決も可能!

 

闇金相談をオススメしたい理由!


 

多くの人は『自己破産をしたときだけブラックリストに載る』と勘違いしてますが、

 

実際は違います。

 

まず『債務整理』には、

 

任意整理、特定調停、個人再生、自己破産の4種類があります。

 

これらの手続きは、

 

『法律の専門家(弁護士、司法書士)に依頼→受任通知を貸金業者に送る→貸金業者の取り立てがストップする→手続きに従って借金を整理する』という流れで行われます。

 

その際に、

 

受任通知を貸金業者に送る

 

という作業があるのですが、

 

この通知を送ると貸金業者は借主に対して一切の取り立てを禁止されます。

 

取り立てを禁止されるということは、

 

その時点で『返済を滞らせた(返済能力のなさを認めた)』ということになるので、

 

必然的に『ブラックリスト』に載ってしまいます。

 

つまり自己破産だけでなく、

 

任意整理や特定調停、

 

個人再生をした場合も『ブラックリスト』に掲載されてしまうのです。

 

ブラックリストは悪者ではない!

 

『ブラックリストに掲載された』からといって悲観することはありません。

 

『ブラックリスト』に掲載されれば、

 

その分『融資されにくくなる』ということですし、

 

『融資されにくくなる』ということは、

 

『再び借金を抱えるリスクが減る』ということになります。

 

これは『大きなメリット』です。

 

『債務整理』の目的は、

 

あくまで『経済的自立を支援すること』です。

 

だから『ブラックリストを悪者扱いするのは間違い』なのです!

 

しかし『闇金業者』の場合は、

 

その隙を突いてくるので要注意です。

 

『自己破産後の気の緩んだ隙に「ブラックOKの融資の案内」を送られ、

 

知らず知らずのうちに闇金から借りてしまった』

 

『債務整理後にまた借りたくなってつい「ブラックOK」の闇金業者に借りてしまった。』

 

これはよくある話です。

 

債務整理後は借金が整理され気持ち的にも緩む時期です。

 

なので『ブラックでも貸してくれる業者は闇金』と断定するのが一番なのです!

 

闇金相談サイト〜コワモテ君の闇金情報局!

 

トップページで闇金の借金地獄から抜け出す方法を詳しく説明しています。